最新のニュースをピックアップ!

その日のニュースをピックアップして、詳しく解説していきます

どうして逮捕されないの?飯塚幸三氏の素性を紐解いていこう

f:id:sakananekoara:20190524231451p:plain


5月19日の昼頃に、池袋で2名の死者含む多数の重軽傷者を出した悲惨な事故が発生しました。事故を起こした車に乗っていたのは87歳の飯塚幸三という人でした。彼は、このような事故を引き起こしてしまったのにも関わらず、いまだ逮捕されていません。その裏には、ある真実があるのです。

元工業技術院長、クボタ常務取締役などの華々しい経歴

飯塚幸三氏は、東京大学工学部応用物理学科を卒業した後、通商産業省(2001年の中央省庁再編により今では経済産業省となっている)に入省しました。

当時の通商産業省は、許認可権や行政指導権などの強大な権力。政府系金融機関への財政投融資、予算割り当て、補助金などの産業政策。通商や貿易、技術革新などの科学技術開発などの面を掌握していました。

このことから、通商産業省は当時の日本経済の総司令塔としての役割があり、官僚の中でもエリート中のエリートが入省する省でした。その省内で彼は上り詰め、工業技術院の院長となりました。

工業技術院というのは、日本の経済や産業の発展、エネルギーの安定かつ効率的な供給を実現するための研究機関のことで、通商産業省の部署の中でもトップクラスの権限を持っていました。そこのトップになるというのは相当な実力者でないといけません。つまり、飯塚幸三氏は官僚のエリートが集まる省の中でもトップクラスの実力を持った人材であったといえるでしょう。

逮捕には至らないのか

現在、逮捕されていないのは、飯塚氏がけが人であるからです。日本の警察はけが人を裁くことはできないのがルールだからです。

しかし、けがが治っても逮捕されないか、あるいはものすごく軽い刑(罰金数百万円など)になってしまう可能性があります。その理由が、上記にある彼の経歴です。法律上には明記されていませんが、官僚の犯した罪に対しては基本的に刑が見合わないことが多いです。

それは、官僚は日本の経済活動や外務活動などに奔走し、日本を支えているからです。このような人材に対し警察は強く出るということはよほどのことがない限りできません。また、飯塚氏の場合、日本の核を支えてきた人材のため、さらに強く出れないことが予想されます。

これらのことから、飯塚氏が重い刑を受けることはほとんどあり得ないといってもいいでしょう。